マッサージの(簡略化した)手順:

1. タントラマッサージは、神聖な場づくりから始めます。

適度な室温の空間、清潔なシーツ、タオル、良い香り、淡い光(真っ暗にはしません)、リラックスできる音楽などなどを用意します。空間の準備が整ったら、 お客様に、どんな不安があるのか、どんなことをして欲しいか、してほしくないかなどなど。正直に話してまず確認し合います。

2. そしてセラピストとクライアント(受け手)ともに羽織っているものを取り去り生まれたままの姿になってベッドの上で呼吸を整えてから行ないます。体の背面のマッサージ、そして前面のマッサージへと進んでいきます。リラックスして、体も心もくつろげるように整えていく感じのやさしくゆっくりとしたタッチのオイルマッサージから始めていきます。

4. そして自然な流れの中で、さまざまなラブタッチで全身を使った包み込むトリートメントマッサージで刺激をしながら性感を呼び覚ますツボやゾーンに触れていきます。しだいに沸き起こる快感や立ち現れるさまざまな感情を否定することなく受け入れながらマッサージに身をゆだねてしていきます。セラピストはクライアント(お客様)の動きや感度や心や体や全ての状態を見ながら進めていきます。快感が波のように押し寄せ、女性として認めれ優しくケアされて、エクスタシーを全身で感じることができるでしょう。

打ち寄せる感覚や感情は人それぞれで、無意識に涙あふれ泣き出してしまう方や自然と笑いが込み上げてきたり、すがすがしい開放感に包まれたりする方もいます。そのままの自分、ありのままの感覚と感情を受け入れ、心身にたまっていた何かを出し切り味わうことにこそタントラの本当の意味があります。

5.あとはお互い余韻に浸りながら 残り時間に応じてブレイクタイム。

6. すべてのサービスが終わりを迎えたら、そして聖なる空間を解放し片付けたのち部屋をでます。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now